来年春のセンバツにつながる福岡県秋季大会は19日に開幕する。全国的にみても激戦区で今年も熱い戦いが予想される。
 ここ5年間、福岡秋季大会で優勝した5チーム中4チームが翌年のセンバツに出場を決めている。「福岡の秋を制するものはセンバツを射止める」。来月10月24日までの長丁場レースを予想してみた。

 組み合わせのヤグラでは、8強までのブロックを南北4チームずつで振り分けられている。そのブロックごとの展望を紹介する。

北Aブロック



 いきなり初戦の好カードが組まれている。今夏準優勝の真颯館に、17年センバツ出場の東海大福岡が激突する。ともに戦力は充実。初戦にしてはもったいない対決だが、勝利チームはブロックの決勝まで進むことになるだろう。ここに対抗するのは公立の伝統校、小倉。打者として長打力も兼ね備える最速145キロ右腕・吉川 雅崇投手( 2年)を中心として、上位をうかがう。

北Bブロック



 優勝候補の九州国際大付がひかえる。夏までのメンバーが多数残っているのが強味だ。プロも注目している町田 海斗捕手(2年)に加え、夏から4番を務めた黒田 義信内野手(2年)を中心とした打撃陣は強力だ。ただ、初戦の相手、北九州市立も例年、好投手を育てているので、要注意。強豪にありがちな鬼門の初戦さえ突破できれば、上位には届くだろう。東筑折尾愛真がどこまで対抗できるか。

北Cブロック



 激戦区。名実ともに抜けているチームはいないが、北筑が一歩リードか。今夏も16強に進出した強豪で、投打ともにバランスがいい。進学校ながら堅実な野球に徹する八幡に加え、北九州東筑紫学園などもあなどれない。

北Dブロック



 飯塚が筆頭だろう。今夏では伝統の打撃力を発揮して、4強に進出した。準決勝で優勝した西日本短大附に負けはしたが、粘り強さは証明した。191センチ、長身の白濱 快起投手 ( 2年)が中心で、140キロ超えの直球を持つ潜在能力の高さは折り紙付き。投打に力があり、優位はゆるぎない。