目次

[1]佐倉入学の理由は21世紀枠で甲子園に行きたかったから
[2]2年秋では2試合連続完投勝利!しかしアクシデントが...。

 千葉県の21世紀枠推薦校に選ばれた佐倉。過去にプロ野球選手は長嶋茂雄さん、阪神、ロッテでプレーした好投手・井上貴朗さんなど4人いるが、近い将来、偉大なOBに並ぶ選手になる素質を秘めたのが、エースの齋藤 正貴だ。130キロ前半ながら制球力が優れた左腕で、キレの良いストレートと落差が鋭いスライダーを織り交ぜる投球は高い将来性を感じさせる。

 長く高校野球を指導する佐倉・堀内幹仁監督からも「投手として素材は歴代でも上位」と評する。そんな齋藤の歩みを振り返りつつ、強みである制球力の秘密に迫っていきたい

佐倉入学の理由は21世紀枠で甲子園に行きたかったから


 目に見える球速や、実績で勝負ができる投手ではない。ただ齋藤 正貴はこの夏、大学進学以降で脚光を浴びる可能性を持った左腕だ。

 あまり騒がれないが、齋藤は好投手と呼ばれる条件が揃っている。
・フォームの再現性が高いこと
・出所が見にくい投球フォームをしていること
・変化球でいつでもストライクが取れること
・コントロールに苦しんだ経験がないこと
 加えてストレートの球速が130キロ前半、サイズも178センチ65キロと華奢で、これからの体づくりによって、大化けする可能性を感じさせる。

 そんな齋藤の歩みを振り返っていくと、野球を始めたのは小学校4年生からだ。西志津クラブに所属すると、中学は四街道シニアでプレーする。

 自身、変化球の制球力の高さには自信を持っているが、それはシニア時代の経験が生きている。
 「まだストレートが速くなくて、変化球に頼っていた感じです。変化球の方が投げやすいですし、そこからコントロールに自信がつきました」

 また中学生の時から勉強にも目覚めた。きっかけは2学年上の姉の影響だ。「自分は負けず嫌いだったので、姉よりも良い高校に行きたいと思っていました」と勉強に取り組み、進学校に行ける学力が身に付いた。佐倉高校進学のきっかけについてこう語る。

佐倉と他の進学校を候補に入れていました。同じ進学校に進むにしても、21世紀枠で行ける学校に進みたいと思っていました。その中で、佐倉は長嶋茂雄さんの母校でもあり、勝ち進めば、21世紀枠推薦校に選ばれるかもしれない。そういう思いで佐倉に進学することを決めました」

 佐倉に進学すると、早くも環境の違いに驚く。
 「正直言うと、シニアよりも練習時間が短いしきつくないので、最初はビックリしました。シニアの時は朝6時半集合で、夕方5時6時まではやってましたから、高校に来て『午前練』と聞いた時はビックリしました」

 練習は自主練習でメインだったので、先輩からメニューを教わり、練習試合では投げないときはトレーナーから体幹を鍛えるトレーニングを教わると、いつのまにかストレートの球速は120キロ台から130キロ台にまで速くなっていた。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。