桐光学園が会心の逆転勝ちで決勝進出!終盤の集中打で木下、及川を撃破!



追加点を挙げる桐光学園

 第1試合から冷たい雨が降っていたが、何とか試合の開催に漕ぎつけることが出来た。とは言え、4月下旬とは思えないような寒さで、スタンドでもコートを羽織る観客も多くみられ、決してコンディションが良いとは言えない天候の中、試合は始まった。

 横浜の先発マウンドに立ったのは、この春に大ブレイクを果たした木下 幹也。力のある直球とフォークのコンビネーションが木下の持ち味であるが、この日は直球の走りが非常に素晴らしく、それに比例するようにフォークが効果的に決まっていく。桐光学園打線を完全に見下ろすような風格ある投球を見せ、スコアボードに「0」を並べていった。

 そんな木下の好投に呼応するように、横浜は序盤から打線も活発であった。2回表、横浜は四球などから一死二、三塁のチャンスを作ると、8番・山口 海翔がライト前へタイムリーヒットを放ち先制点を挙げる。さらにその後も、一死一、三塁とチャンスは続き、9番・安達 大和がの右中間を破るタイムリーツーベースでさらに2点を追加した横浜。この回3点を挙げ、早くも試合の主導権を握ったかに見えた。

 だが、初回からいいようにやられていた桐光学園打線も、終盤に入った7回に遂に木下を捕らえる。
 先頭の2番・鈴木 智也が四球で出塁し、続く3番・馬込 悠も内野安打で出塁すると、打席には4番の安達 壮汰を迎える。その初球、落ち切らなかったフォークを強振すると、打球はあわやホームランかというセンターオーバーのタイムリーツーベースとなり、桐光学園は1点を返す。

 なおもランナーを二人置き、続いて打席に入るのは5番の唐橋悠太。これも甘く入った変化球だった。フルスイングした唐橋の打球は、レフトポール直撃のスリーランホームランとなりこれで得点は4対3。木下の疲れが見えてきたところを一気に攻め立て、桐光学園が逆転に成功した。