横浜、7回コールド勝ちも、次戦へ向けて課題が残る試合へ

 横浜が7回コールド勝ち。序盤、さすがと思わせる攻撃内容は見せたものの、次戦へ向けて、反省が残る試合内容だった。先制した2回表、7番吉原の適時二塁打やバッテリーミスで2点を入れ、さらに二死満塁から2番鬼頭勇気(2年)がレフトの頭を超える適時二塁打。さらに送球間で一塁走者も生還。その後、4番度会 隆輝(2年)の右前適時打で6対0と突き放し、4回表にも2番鬼頭が中越え適時二塁打。さらに4番渡会も左前適時打で8対0と突き放す。

 ここまで法政二の水谷斗夢(3年)の130キロ前半の速球と大きく曲がるカーブに苦労しながら、走者を出してから甘く入ったボールを逃さずにたたいた打撃はよかった。

しかし横浜の得点はここまで。その後は走者を出すも点が挙げられない展開が続く。打撃内容を見ると打ち損じがあったり、無駄なアクションが入った打撃フォームで打ち上げたり、縦の変化球を見極めができずに凡打と、勿体ない打撃内容がみられた。

 一方、投手陣はさすがの内容。先発の松本 隆之介(2年)は1年生の時と比べると荒々しさが消え、常時135キロ前後(最速138キロ)の速球をコーナーに散らせながら、さらに120キロ前半のスライダーを低めに落として、法政二の打者から次々と三振に打ち取り、6回まで10奪三振の好投を見せた。

 そして7回裏からマウンドに登ったエース・及川 雅貴(3年)は左スリークォーターから常時130キロ後半(最速143キロ)の速球とスライダーをコンビネーションに1回1奪三振。まだ本来のボールとはいえない内容だった。投球フォームも頭が突っ込んだ動きがいくつか見られ、まだまだ課題は多くみられる。

 まだ序盤戦で、課題が出ることは悪くない。その課題を克服し、さすが横浜と思わせる戦いを見せていきたいところだ。

(文=河嶋 宗一)