横浜は痛恨の逆転負け。三浦学苑はチーム史上初のベスト4

 1回、横浜は先頭の庄子 雄大がいきなり三塁打を放つと、続く鬼頭 勇気のタイムリーヒットで先制する。2回、横浜は先頭の冨田 進悟が初球を捉え2塁打でチャンスを作ると1アウト後、小島 歩空の適時2塁打で追加点。その後も庄子にタイムリー、鬼頭に本塁打が出るなど4点を追加。3回にも1点を追加し試合を優位に進めていく。

 三浦学苑は4回に先発の長谷川 翔から上村海斗にスイッチすると初めて横浜の攻撃を0点に抑える。すると5回、ここまで3塁を踏ませない投球を続けてきた横浜先発・松本 隆之介から1死1,3塁のチャンスを作ると9番の長谷川 翔がセンターへ犠飛。1点を返す。

 5回には2死3塁のピンチをしのいだ三浦学苑が続く6回にこの回からマウンドに上がった横浜木下 幹也を攻め立てる。1死満塁のチャンスを作り、6番・上村 海斗の2点適時打などで1点差に追い上げると、1番阿部朝陽がショートへ内野安打で同点に追いつく。

 勢いに乗った三浦学苑は7回に四球と相手捕手の悪送球で無死3塁の好機を作ると、相手野手に悪送球が続きノーヒットで勝ち越し。この試合初めて三浦学苑がリードを奪う。

 1点ビハインドで迎えた9回の横浜は2死1,3塁と同点のチャンスを作るも4番・津田 啓史が三振に倒れゲームセット。4回から登板した三浦学苑・上村は毎回走者を許すも横浜打線に得点は許さない好援助。三浦学苑が7対6で横浜を破り学校初の夏4勝を挙げた。

(文=編集部)