名門同士の注目の一戦は東海大相模が流れを掴む!5季連続県制覇まであと1勝

 神奈川を代表する強豪の両校は準決勝で激突。拮抗した手に汗握る展開が予想されたいたが、流れは東海大相模にじわじわと傾いていく。初回、東海大相模は3番・小島 大河の犠飛で先制に成功する。

 そして4回には一死三塁で8番が谷口 翔生がスクイズを決め2点目、5回には6番・小平 直道の2点適時三塁打などで3点を奪い、中盤までに5対0と大きくリード。7回にも6番・小平のこの日2本目の適時打などで4点を追加した。

 横浜は7回裏、一死満塁で9番・金澤 竜真の遊ゴロの間に1点を返すも後続がたたれ試合終了。7回コールドの9対1で東海大相模が決勝進出を果たし、5季連続県制覇まであと1勝とした。

(文=編集部)