「良くなかったですね」8強入りも横浜は投打で課題を残す



本塁打を放った横浜・立花祥希(3年)

 「良くなかったですね。鎌倉学園戦でピークがきてしまい、そうなるかと思ってはいたのですが」

 22日に5回戦を迎えた横浜。準々決勝を懸けて厚木北と対戦し、試合は11対1の7回コールド勝ちを収めたが、村田浩明監督の口調は厳しかった。
 まずは2回、山田 烈士(3年)の適時二塁打で2点を先制点を挙げ、4回には笹田 聡也(3年)の中犠飛で追加点。6回には立花 祥希(3年)にスリーランが飛び出し序盤からリードを奪う展開だったが、それでも相手のミスもあり、残塁も多かったのが実情だ。

 また投手陣も山田、田高 康成(2年)、金井 慎之介(3年)の3人のリレーで最少失点に抑えたが、山田も決して本調子ではなく、金井も1四球、2死球で満塁のピンチを招くなど制球の乱れが目立った。
 守備でも、春季大会から遊撃のレギュラーを掴んだ緒方 漣(1年)にエラーが出るなど、試合を通して精彩を欠く場面が多かったが、それでも村田監督は次戦に向けてもう一度チームの状態を上げていきたいと前を向く。

 「山田がもう少し状態が上がってこないと苦しいです。ですが、金井も最近は全然荒れてなかったですし、田高もあのような舞台で投げてくれたのは良かったと思っています。
 緒方も初めてエラーして、これで逆にもっとやろうとレベルアップできると思っていますので、時間はないですが課題を潰せるようにやっていきたいです」

 横浜は準決勝進出を懸けて、24日に向上と対戦する。
 1日の休みを経て、チームをどこまで状態を上向きに出来るか注目だ。

(文=栗崎 祐太朗)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。