昨秋の教訓生かした横浜創学館・山岸2失点完投、決勝は「挑戦者」



山岸翠(横浜創学館)

 横浜創学館慶應義塾による決勝進出をかけた一戦は、前半と後半では全く違う試合展開となった。

 前半は緊迫の投手戦となった。
 4回まで横浜創学館山岸 翠慶應義塾は荒井 駿也、前田 晃宏の2人がマウンドに上がった。この投手たちを前に、横浜創学館は1安打、6四死球で、慶應義塾は3安打、無死四球とそれぞれがランナーを出しながらも、投手陣が粘りを見せる投球を見せてスコアが動かない。

 1対0と横浜創学館がリードをしていたところで迎えた5回に、均衡が崩れた。
 横浜創学館は1番・倉谷 快誓のヒットでリズムを作ると、4番・長井 俊輔のタイムリーで2対0とすると、7番・齋藤 慶太朗の三塁打で、この回一挙4得点と、主導権を握った。

 援護を受けた横浜創学館・山岸だったが、6回に7番・坪田 大郎、7回には2番・横地 広太にタイムリーを許し点差を縮められるなど、6回以降は互いにヒットが出始め、試合が目まぐるしく動いた。しかし「逃げずに強い気持ちで向かっていった」と攻める姿勢を忘れずに低めにボールを丁寧に集め続け、慶應義塾打線に連打を許さない。

 7回にはセンター・倉谷の好守にも救われる形でリードを保ったまま、山岸は9回を投げ抜き、5対2で慶應義塾を下した。これで横浜創学館は13年ぶりの決勝進出を果たした。

 試合を振り返れば、慶應義塾打線の破壊力はさすがだった。3番・真田 壮之、4番・今泉 将らを筆頭に、上位から下位までしっかりバットを振り切れる選手がそろっていた。反動を大きく使うわけでもなく、コンパクトな構え方でボールを待てる選手が多い。桐蔭学園桐光学園といったチームに勝利し、6試合で平均49得点、1試合平均8.2得点の破壊力は伊達ではなかった。